« 我が家の愛犬 | トップページ | クレーム »

チェリオ

昨夜、ブログを見た姉から連絡があり、
『食べ物であるのは間違いないけど、ホントはね・・・』と、
チェリオの正しい由来を教えてもらいました。
実は、我が家で唯一仔犬から育てていないのがチェリオ。
捨てられ、さ迷っているところを友人が拾い、我が家で保護したのですが、
チェリオを発見し、拾った場所が桜島。
一応飼い主を探すために届出を出しましたが、
とりあえず名前が必要です。
そんな新しく我が家にやってきた犬の名前を決めようと奮闘する、
姉と妹の会話です。

 姉:桜島で拾われたから、チェリー(桜)でどう?
    あ、でもオスだから可愛すぎるか…
 妹:チェリー、チェリー、チェリー…
    あっ!シリアルの名前『チェリオ』はどう!?
    響きがいいし。あ、でも、う~ん。
 <しばし、沈黙。>
 妹:あっ!!!!!!
   チェリー(桜)と夫(雄)で、チェリオでどうだ!?!
 <姉、爆笑>
 姉:アハハ、、いいじゃん、いいじゃん、ハハッ(笑)

というような感じで決まったそうです。
・・・妹よ。
考えこんでいたのは名前じゃなくて理由だったんかい!!!
チェリオの由来が桜島で拾った雄犬だからであろうと、
食べ物が先に思い浮かんだことに変わりはない!
無理やり後から理由を付足しただけじゃないか(笑)
ま、女性多しの家族だから、美味しいものに目がないのは仕方ありませんね。
チェリオ、許しておくれ(笑)
ま、そんなこんなで、飼い主も見つからず、
晴れて我が家の一員になったチェリオです。

Cherio02

我が家に来た当初は、どうやら虐待されていたようで、
人の手を怖がり、人がふいに振り向いたり、向きを変えたり、
手が動いたり、近づいたりすると、
それはもう、ものすごい勢いでぴゅーっと物陰に逃げていたチェリオ。
あんなに大人しかったのに、今じゃ我が家一番のやんちゃでお調子者。
結構手を焼いているようです。

|

« 我が家の愛犬 | トップページ | クレーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167504/31384829

この記事へのトラックバック一覧です: チェリオ:

« 我が家の愛犬 | トップページ | クレーム »