« プレゼント企画 第2弾!!!! | トップページ | 鹿児島滞在記・夕食編 »

鹿児島滞在記・最後の授業

この週末、鹿児島へ行ってきました。
というのも、前にもお伝えしましたが、
学生時代にお世話になった先生の最後の授業に参加するため。
6時間ちょっとかけて車で帰ったのですが、道中は睡魔との闘いでした。
友達の家に泊まることにしていたので遅くなってはいけないと、
PAに立ち寄ってリフレッシュしたり、
スピーカーを大音量にしてコブクロを熱唱してみたり、
クーラーを入れてみたり、栄養ドリンクを飲んでみたり、
いろいろ工夫しながら帰りました。
無事鹿児島に着き、日曜には最後の授業へ。
授業は卒業前に使っていた教室で行われました。
今は空き教室となっているようで、
机やイスが当時とは違いますが、とても懐かしかったです。

Class_2

一人一問一答形式で授業が行われ、
それぞれ先生に聞きたい事を質問していきました。
いろんな質問がありました。正確には覚えていませんが、
奥さんとの馴初め、イチオシ旅行スポット、
今までで一番辛かった経験などなど…
学生時代は『電磁気学』という分野を教えておられましたが、
昨日の授業では『これからの社会を担う君たちへ』
という演題がつきそうな内容でした。
中でも一番印象に残っているのが、
  「話せばわかる」
先生が『嫁さんとのコミュニケーションの中で学んだ』とおっしゃっていたことで、
  夫婦でいたら、嫌なことがあっても顔をつきあわせないといけないし、
  つきあっていかないといけない。
  他人のように、関係ないと割り切ることはできない。
  だから必然と話しをすることになるけれど、
  すれ違いや勘違いの多いこと。
  でもそうやって話をしていくことでしか相手を理解できない。
  相手のことがわかると思っていても、
  それは自分の都合のいいように解釈しているだけで、
  実際には違うことが多い。
  一番自分に近い嫁さんとでさえ、すれ違いや誤解がたくさんあるんだから、
  ましてや他人と分かり合おうと思ったら大変なことだ。
  言葉を交わすこと意外にわかりあうことはできない。
というものでした。
「言っても無駄。わかってもらえない。わかってくれない」あるいは
「言って損するなら言わないでおこう」と我慢する事が多かっただけに
この話を聞いたときにはがつんときました。
期待することよりも、諦める事ばかりが増えてしまっているなと反省。
実行に移せるかはわかりませんが、
せめてこの言葉がいつでも引き出せるように、心に留めておこうと思いました。
もちろん、その他にもいろいろなメッセージがありました。
授業後にはみんなでお菓子を食べながら歓談。
卒業以来会っていなかった友達とも再会し、楽しいひと時を過ごしました。

|

« プレゼント企画 第2弾!!!! | トップページ | 鹿児島滞在記・夕食編 »

コメント

お久しぶりですっ!

早速ブログ拝見しました。
地元に帰られたんですね〜。
懐かしの教室、懐かしの友人、懐かしの先生………気分は久し振りの学生時代だった頃に戻れたんでしょうねぇ。

ワタクシも地元に帰ったり、母校に行くとそう思うようになるのかな。

投稿: aqua people | 2009年3月19日 (木) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレゼント企画 第2弾!!!! | トップページ | 鹿児島滞在記・夕食編 »